HAMGAKI BUNKO

女性のためのお口のエチケットセミナー Vol.05

正しい歯磨きで口臭とサヨナラしましょう!

口臭の原因となるのはお口の中の雑菌!

口臭に悩み、これまでいろいろ試したけれど、なかなか効果がなくて困っている方、少なくないようです。お口の中のイヤなニオイ対策の基本は何と言っても毎日の歯磨きです。今回は正しい歯磨きでブレスケア!をご紹介します。
口臭の原因の約8割はお口の中にあると言われています。お口の中に生息する嫌気性細菌が、古い細胞や食べカスに含まれるタンパク質などを分解し、臭いのもととなる硫化水素やメチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫黄化合物を作り出します。これがイヤな口臭となって悩みの種となります。こうしたイヤなニオイは、実は、正しく歯磨きすることである程度防ぐことが可能なんです。

ニオイを抑える正しい歯磨きの方法!

まず歯ブラシの毛先が歯や歯ぐきと直角になるように当てます。力を入れすぎないように、優しく小刻みに動かしながら1本ずつ丁寧に磨きましょう。下の前歯の裏側や、歯の凸凹のある部分、歯並びが悪く歯ブラシが届きにくい部分を磨くときは、歯ブラシを縦に持ち代えてブラッシングしてください。また奥歯は横向きに歯ブラシを当てて磨きます。歯と歯ぐきとの境目には、歯ブラシを約45°の角度に当て、歯垢をかき出すようイメージしながら磨いてください。

歯の大敵、酸に気をつけて!

口臭予防には電動歯ブラシも効果的!

電動歯ブラシは、確実に歯垢を除去するという意味では、歯ブラシを使って手磨きするよりも効果があります。なかでも最も歯垢を除去率が高いと言われるのが、ヘッドから超音波を発生させる機能のある超音波歯ブラシです。超音波歯ブラシでなければ破壊できない細胞があるとの研究結果※もあります。自分で力任せに歯ブラシを動かさない分、歯ぐきへの負担も少なくてすみます。正しい歯磨きと合わせて、デンタルフロスや歯間ブラシを使用するのがオススメです。歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間の歯垢もキレイに除去できます。口臭予防のための正しい歯磨き、ぜひお試しください。
※音波歯ブラシのin vitro研究では、発生した音波エネルギーが細菌に対して直接作用して、細菌の線毛を破壊するよいう報告があります。また、超音波歯ブラシでは歯垢を構成する細菌などを歯に強固に付着させる接着剤のような働きをするグルカンまでも破壊すると考えられています。言わば、超音波歯ブラシは、歯垢を細胞レベルまでバラバラにし、音波エネルギーで細菌の細胞を破壊するイメージになります。



商品ラインナップ