TOP >  KNOWHOW  > ホワイトニングの本当

歯磨き粉にこだわればホワイトニングがデキる?

ホワイトニングは施術するだけでなく、毎日の歯磨きだけでも効果を発揮すると言われています。事実、多くのホワイトニング歯磨き粉が販売されていますが、実際に効果があるものなのでしょうか?

歯磨き粉の粒子が細かいものを選ぶ!

歯磨き粉では、粒子のサイズによって磨き上がりが異なります。粒子が大きい歯磨き粉の場合、汚れを落とす効果は強いものの、逆に歯の表面に細かな傷がつきやすくなります。この傷に黄ばみが発生すると、逆に歯の黄ばみを進行させてしまう恐れがあります。

よって、粒子サイズのなるべく小さいものでじっくりと磨き上げることが重要になります。

黄ばみを落としやすい成分のものを選ぶ!

粒子が細かいものの中で、更に黄ばみや汚れを効果的に落とす事ができるものを選ぶことが重要になります。流石に漂白成分が入っているものを使用するのは人体に影響が出ることが懸念されるので、安全に使えるものが使われているケースが殆んどです。

また、同時にハイドロキシアパタイトという成分が配合されているものを選びましょう。歯の主成分であるハイドロキシアパタイトが、歯に付着して再石灰化することで歯についた細かな傷を補修することができます。

専用歯磨き粉を毎日使うのは危険!?

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用する場合の注意点として、磨きすぎると危険という点があります。より研磨効果の強い歯磨き粉ですので、歯へのダメージが全く無いわけではありません。また、歯茎に負担がかかるものですので、磨き方にも注意が必要です。

ある程度白さが実感できるようになったら、ホワイトニング専用歯磨き粉による歯磨きは、週1回などと頻度を落とし、通常の歯磨き粉と併用して使用する方が良いのです。また、ブラッシング圧も弱めてじっくり磨くことも重要です。

ホワイトニング効果を謳った歯磨き粉が続々と登場しています。その成分には、今回紹介したようなものが含まれている場合がほとんどですので、価格と相談しながら自分に合った歯磨き粉を選んでくださいね。