TOP >  KNOWHOW  > ホワイトニングの本当

歯の色が着いてしまう3つの原因

表面の汚れ

歯の表面に着色汚れがついているタイプです。茶渋やタバコのヤニなどがその代表的な例です。お茶やコーヒーに含まれる色素(主にタンニン)や、タバコのヤニ(タール)などが歯の表面に固着し、着色につながります。歯に着色しやすい飲食物は、「飲み物」ではコーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶・赤ワインなど、「食べ物」ではカレー・ぶどう・ミートソーススパゲッティなどがあります。
毎日たっぷり時間をかけて丁寧に歯磨きをしていれば、こうした着色汚れは防げます。しかし、忙しい現代人の「サッと磨いて終わり」という歯磨きでは、残念ながら効果は不十分です。そうして「磨き残し」があるまま歯磨きを終える日々が続くと、次第に頑固な汚れが歯の表面にこびりついてきます。その結果、後からいくら頑張っても、歯磨きだけでは落とし切ることが不可能になってしまうのです。

加齢・遺伝による変色

加齢や遺伝によって歯が黄色く見えるタイプです。私たちの歯は年齢を重ねると共に、徐々に色調が濃くなっていきます。表面の半透明なエナメル質が年々薄くなる一方で、内部にある褐色の象牙質の厚みが増し、それがエナメル質から透けて黄ばみとして年々色濃く見えるようになるのです。
また、加齢によるものや着色汚れの蓄積ではなく、遺伝的に生まれつき歯の色が黄色っぽい人もいます。これは髪の毛や肌の色が人によって違うのと同じです。

内部構造の問題

歯の病気や外傷、薬剤の副作用などにより、歯の内部構造に異変が生じて変色してしまうタイプです。たとえば、母親が妊娠中や幼少期にテトラサイクリンという抗生物質を服用した場合、その子どもに茶色やグレーの強い着色が出たり、縞模様の着色が表れたりすることがあります。他にもむし歯の治療などで神経を抜いたり、外傷によって歯髄内で出血したりした場合、血液成分により歯の内部が黒く変色する場合もあります。
また、歯の成長過程でエナメル質や象牙質の形成が不十分だったり、適正量を大幅に上回るフッ素を摂取したりすると、変色や斑点模様が出ることがあります。さらに、歯をぶつけて外傷ができた人や何らかの原因で神経がなくなった歯がある人も同様です。