TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

「歯周病と体の健康」  歯学博士 野口俊英 先生

歯周病ってどんな病気

歯周病は病気の原因や進み具合によって大きく3つのタイプに分けられます。病気の初期の段階である歯肉炎、病気の進行した歯周炎、さらに噛み合わせの悪さなどによる咬合性外傷です。そして、国民をおよそ80%に近い人々がこれらのタイプの歯周病に罹っています。

その中で、歯肉炎は歯茎の(歯肉)にみられる炎症で、歯茎の腫れ、出血などがみられます。歯周炎は歯茎以外の部分(歯を支える最も重要な部分である歯槽骨、歯の根の部分と歯槽骨とを結ぶ歯根膜など)にまで病気が進行した状態で、歯肉炎の時の腫れや出血に加えて歯と歯の隙間(歯周ポケット)が深くなり、やがて歯槽骨が失われ歯が動くようになり最終的には自分自身の歯を失うことになります。

咬合性外傷は特定の歯に極めて大きな力が加わることで歯周炎の進行を促します。

歯周病の原因は

それでは歯周病の大部分を占める歯肉炎や歯周炎の原因は何なのでしょうか? それが皆様もテレビコマーシャルなどでよく耳にするデンタルプラーク(歯垢)です。デンタルプラークの正体は歯の表面に強固に付着した生きた細菌の集団で、食べカスや歯の着色などとは違います。歯肉炎や歯周炎はこれらプラーク中の歯周病関連細菌によって進行しますが、病気の始まる時期はや進行程度は人によって異なります。

そこで、近年になりプラークいがいにも歯周病の進行に影響を与えるリスク因子についての研究が行われ、多くの事実が明らかにされつつあります。

歯周病と体の病気

それらの研究の中でも特にそれぞれの人が現在罹っている口以外の体の病気歯周病との関連性が注目を集めています。その体の病気として強い関連性が示唆されているのが糖尿病ですが、その他にもある種の心疾患、低体重児出産などの妊娠時の合併症などとの関係についても多くの報告が見られています。

歯周病と糖尿病は共に生活習慣病

今回は歯周病と糖尿病との関係に焦点を絞って話を進めたいと思います。
糖尿病は歯周病と同じように多くの国民が苦しんでいる病気であり、1型と2型の2つのタイプがあります。このうち2型糖尿病は生活習慣病の一つであり、大部分の糖尿病の患者さんはこのタイプです。一方、歯周病は歯科の病気の中でただ一つだけ生活習慣病と認定されています。さらに、歯周病と糖尿病の病気のメカニズムを調べてみると共通点が見つかりました。それはTNF-αと言う物質で両方の病気の進行に大きな役割を果たしています。このように、歯周病と糖尿病とはお互いに影響を及ぼしあう双方向性を持っています。このため、糖尿病の人は歯周病に、歯周病の人は糖尿病に罹らないように注意する事が大切です。

歯周病と体の健康

以上、糖尿病を中心に歯周病と体の健康について述べてきましたが、歯周病などのお口の病気をきちんと予防、治療すれば体の健康にもよい結果をもたらすのではないかと言うことがおわかり頂けたと思います。
我が国のように超高齢化社会においては一生を通して自分自身の歯で食事をし、多くの人々と会話を楽しみ、全身を健康に保つことで本当の「健康長寿」を実現したいものです。

 

野口俊英 先生のご紹介

 

経歴 1943年生まれ
1969年 東京医科歯科大学歯学部卒業 歯学博士
愛知学院大学歯学部附属病院(歯周病科)院長、歯学部教授、
日本歯周病学会理事、日本歯科保存学会理事、日本レーザー歯学会理事を経て現在、スモカ歯磨株式会社顧問
書籍 ・さよなら歯周病-お口の健康からだの健康 医歯薬出版㈱
・診断力てすと デンタルダイヤモンド社
・慢性疾患としての歯周病へのアプローチ-患者さんの生涯にわたるQOLに貢献するために 医歯薬出版㈱
・歯周治療の知識 医歯薬出版㈱
・最新の歯周外科手術をマスターしよう!-基本から高度症例への応用まで 第一歯科出版
・知っておきたい知識・術式 歯周治療編―臨床医必携の実践的臨床術式マニュアル 第一歯科出版
・知っておきたい知識・術式 インプラント治療編-臨床医必携の実践的臨床術式マニュアル 第一歯科出版
・チームアプローチで成功させる実践的歯周治療―病因除去療法における歯科医師・歯科衛生士の役割 医学情報社
・W>歯科医院支援ソフトデルタるん (<CDーROM>(Win版))  医歯薬出版㈱