TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

どうして?歯周病が治らない人のための耳より情報

歯周病の治療を始めたけど、なかなか良くならない、治らないという方はいませんか?
今回はそんな方に聞いていただきたい、耳より情報のご紹介です。
項目ごとに治らない原因を考えていきましょう。

初歩の初歩!プラークの除去ができていないかも?

歯周病の対策・治療法の初歩に「歯磨き」があります。
ただ、この歯磨きも正しくすることができなければ意味がありません。

歯周病にかかる・悪化させる原因に「プラーク」があります。
歯磨きはこのプラーク除去が目的です。

しかし知らないうちに、プラークを放置してしまっていることは意外とあったりするものです。

その際は歯医者さんへ行き、正しい歯磨きの指導とチェックを行ってもらうことをおすすめします。

素人には無理!歯石の除去をしましたか?

歯石というものをご存知ですか?
歯石はプラークなどを放置することでできる、石のような汚れのことです。

プラークができるまで食事後から約8時間と言われますが、プラークが歯石になるまでは早くて約2日~3日、完全に固まるまでは約2週間と言われます。

歯石は歯の隙間にガッチリと固まって、取ることが難しい汚れです。
歯磨きだけでは取れませんから、歯医者さんにお任せしましょう。

基本的に3ヶ月に1回は、定期検査のために歯医者さんへ行くのが良いそうです。

注意!重度の歯周病の可能性も…

歯周病の対策や治療をしっかり行っているのに、良くならない場合は重度の歯周病の可能性があります。

改めて歯医者さんへ行き、相談、治療方針の見直しをするようにしましょう。

重度の歯周病の場合には、麻酔などを伴う手術などもあり得ます。ただ、それほど大がかりなものではなく、手術をすれば進行を抑制できます。
諦めることなく、治療しましょう。


歯周病は正しい対策と治療を行えば進行を抑えられます。

ただ、症状の度合いによって良くなりづらいこともあります。その際には改めて医師の方と相談するようにしましょう。
諦めず対策と治療を行ってください。