TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

気になったら即スタート歯周病チェック!

歯の周りに様々な症状をもたらす歯周病。悪化すると歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

今回はそんな歯周病チェックについてお話していきます。
気になったらすぐにやってみてくださいね。

いくつあてはまる?歯周病チェック

それでは早速、歯周病チェックを行いましょう。
下記の事柄にあてはまる数が多いほど、歯周病の可能性が高まります。
鏡等でご自身のお口の中を確認しながら、やってみてくださいね。

・歯茎が赤くなっている
・歯茎に腫れている部分がある
・歯磨きをすると歯・歯茎が痛い
・何もしなくても歯茎から出血することがある、もしくは歯磨き中に出血する
・口臭が気になりだした
・歯と歯の隙間が増えた、広がった
・歯がグラつく、安定していない

半分近くあてはまると、十分に歯周病の可能性が疑われます…。

どうして歯周病になるの?原因は?

歯周病チェックしたところで、次はその原因を少し掘り下げてみましょう。

歯周病は細菌の塊である「プラーク」の出す毒素が主な原因となります。
ただ、そのプラークだけで歯周病になるわけではありません。

この毒素が徐々に歯の周りの骨を破壊し、歯茎にも炎症が起きるのが歯周病なのです。

細菌の侵入を許す原因には、細菌の常在、免疫・抵抗力の低下などが主になります。

自分と歯医者さんのタッグで打ち勝とう!

歯周病の対策には自分できるしっかりとした歯磨き、歯医者さんで行う歯石除去や歯の健康チェック、歯磨き指導などがあります。

歯周病は、対策できない疾患ではありません。歯周病についてよく調べ、対策を行うことで予防することができます。
そのために、まずは歯医者さんを有効活用し、自分に有効なアドバイスをもらいましょう。


歯周病にかかったどうかチェックするには、歯茎の腫れや出血、歯の露出の増加などでチェックが可能。
対策には自分で行う歯磨きなども効果的ですが、歯医者さんの専門的なチェックや指導も欠かせません。併せて行うようにしましょう。