TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

知らないと怖い!歯周病と糖尿病の関係性

近年、歯周病糖尿病が、互いに関連性の高い病気であることがわかってきました。
では、どんな関係性があり、何を知っておくべきなのか。
気になるその真相をわかりやすくご紹介します。

糖尿病になると、歯周病にかかりやすい!

先に結論から言います、「糖尿病になると、歯周病にかかりやすくなる」のです。

実は糖尿病の症状である、免疫・抵抗力の低下が歯周病にかかりやすくしているのです。
歯周病は歯がプラークに含まれる細菌によって引き起こされる病気ですから、糖尿病の症状が歯周病発症を招くのです。

またその逆もあり得ます。
歯周病菌が出す毒素がインスリンの分泌を抑制し、糖の数値が悪くなり、糖尿病の症状も悪化します。

知ってましたか?唾液の意外な効果

糖尿病の症状には「唾液の分泌量の減少」があります。
唾液と聞くとあまり綺麗なイメージを持たれない方もいらっしゃるかもしれませんが、この唾液が非常に重要。

唾液は口の中の細菌を取り除く効果や、口臭を抑える効果があるのです。
しかしこの唾液が少なくなってしまうと、その効果も減少。歯周病の原因になる細菌の侵入を許してしまうのです。

もしも糖尿病になったら行うこと

もしこの話をお聞きのあなたが、これから糖尿病になってしまった時、あるいはすでになっている場合、糖尿病の治療に加え、歯周病の検査・治療をご検討ください。

ここまで述べてきたとおり、2つの病気は非常に高い関連性を持ちます。
歯の周りが少し痛いな、歯茎が腫れてるななどの異変を感じたら、まずは歯医者さんへ行きましょう。
これは先に歯周病にかかった時も同じです。まだかかっていない糖尿病の疑いも併せてご確認ください。

仮に目に見える身体で感じる異変がなくても、なりかけということもあり得ます。


歯周病糖尿病は関連性の高い病気。

糖尿病の症状である免疫・抵抗力の低下、唾液の分泌の減少。これが歯周病の原因となる細菌の侵入を許すのです。

どちらかの病気にかかった場合、かかっていない方の病気のことも気にかけるようにしましょう