TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

異変を感じたら要チェック!歯周病の検査はどうするの?

「なんだか歯の周りがおかしい感じがする、痛いかも?」、そう感じた方は要チェックです。歯周病の可能性があるかもしれません。歯周病検査をきちんと行い、症状の改善に努めましょう。

今回はそんな歯周病検査についてお話していきます。

まずはセルフチェックで症状を見直し!

歯の周りがおかしいと思われた方、以下の項目にあてはまりませんか?
・歯茎が腫れている、かなり赤い
・歯の周りが痛い
・歯磨きをすると、歯茎から出血する
・歯茎の隙間が広がった、歯の露出が増えた
・冷たいものが歯にしみる
・口臭を感じる時がある

上記は歯周病の主な症状になります。あてはまる数が多いほど歯周病の可能性があります。
少しでも異変を感じたら上記の症状のチェックと、歯医者さんへの通院をご検討ください。

歯医者さんではどんな検査をするの?

歯医者さんでは主に以下のような検査を行い、歯周病かどうかを確認していきます。
・プラークの付着度合いの確認
・歯周ポケットの深さの測定
・歯のグラつき度の確認
・口臭の測定
・レントゲンで歯の周囲の骨の状態の確認

これらの度合いや数値が高ければ歯周病である可能性が高く、そのレベルも軽度から重度のいずれかで判断できます。

特に歯周ポケットと呼ばれるプラークがたまりやすい箇所は、入念に検査されるでしょう。この隙間・深さが広がるほど、症状が進行しやすくなってきますので…。

必要不可欠!的確な検査とが正しい治療

冒頭のお話通り、歯周病はセルフチェックすることが可能です。
ただその正確性や、いざ治療するとなった際には、やはり歯医者さんでのしっかりとした検査が欠かせません。

ご自身で大したことないと思っても、甘くみることなく歯医者さんで検査をしてもらうことを強くおすすめします。

早期の検査が正しい治療を、正しい治療が症状の完治を後押しします。


歯周病は自身でのチェックが可能です。ですがきちんと治療するには、歯医者さんでの検査が欠かせません。

異変を感じたらまず歯医者さんへ。プラークの有無や歯周ポケット、様々な検査をしっかりと行いましょう。