TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

歯周病がもたらす口臭!どうすれば治る?

歯周病の症状には口の「臭い」、口臭があります。
人付き合いの多い方はもちろん、そうでない方もこの症状には困ってしまいますよね。

今回はそんな歯周病の口臭についてお話していきます。

臭いの原因は何?どうして臭うの?

ずばり、歯周病臭いの原因は「膿」がほとんどです。

歯周病にかかると歯の周りの骨を溶かしたり、歯茎の出血や腫れ、後退をもたらします。この時炎症が強いと膿が出るので、これが臭いの原因となります。

歯周病は人によってそのレベルが様々ですが、やはり重度であればあるほど膿もたくさん出てしまいます。

膿は放置していても止まりませんし、歯周病自体の状況も好転しません。かならず歯医者さんへ行き治療をしましょう。

一石二鳥!プラークの除去をしましょう

歯周病は歯周ポケットと呼ばれる歯の隙間に「プラーク(細菌の塊)」がたまることで進行していきます。
ですから、このプラークと歯石の除去が主な治療方法となります。歯医者さんやご自身の歯磨きで取り除いていきましょう。

プラークは臭いの原因の一つでもあります。
プラークの除去は歯周病の治療はもちろん、臭いの改善にもなるというわけなのです。
他には舌苔という、舌につくプラークも臭いの原因になります。これも取り除けるとなお良いですね。

簡単!食べ物でも匂いが改善される!

「今すぐ臭いを改善したい」という方は、ガムやタブレット系のお菓子、お茶を飲むようにしてください。

ガムやタブレットには口臭予防や歯周病予防の商品も数多く出回っています。
お茶には「カテキン」という成分が含まれており、こちらも口臭の改善に効果的!簡単な臭い対策は食べ物でもできるというわけです。

ただ、ガムを食べることで歯周病でグラついていた歯が抜けてしまうということもありますから、十分に注意しながら食べるようにしてくださいね。


歯周病では、膿やプラークが臭いの原因となります。
きちんと治療することで歯周病の症状を改善させ、臭いも取り除いていきましょう。

またガムやお茶等で簡単に臭いを軽減させられます。試してみてくださいね。