TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

歯周病を治す薬はあるの?症状レベルを知って上手に使おう

歯茎の痛みや嫌なニオイに悩まされる歯周病は治療しても再発しやすく本当に困った疾患です。本当は歯医者さんで歯石除去などクリーニングから治療を行いますが、を用いた治療もあります。

歯周病が悪化するのを予防して、抑える

歯茎に歯ブラシをあてた時に痛みを感じ、赤く腫れて出血もする場合、歯周病のサインです。歯周病はまず歯肉炎から始まります。これが進行すると“歯槽のう漏”という歯の土台となる骨が溶けて嫌なニオイがする膿が出る症状が始まります。歯槽のう漏レベルは歯医者さんの治療が有効です。
歯周病の症状レベルを抑えて改善するには“患部に直接塗るもの“と、“歯磨き粉“があります。

最近ではお治療を行う歯医者さんも登場

従来の歯周病治療は、歯周病菌となる歯石や歯垢を専用のクリーニング器具で除去する方法でした。歯茎に埋もれた箇所の歯石を除去する場合には必要に応じた切開もありました。もちろん若干の痛みや怖さも伴います。しかし、最近では歯周内科治療行っている歯医者さんもありが処方されます。歯周病菌やカビを確認して、歯周病菌を取り除く抗生物質が処方されます。

歯周病の進行レベルを把握しておく

初期レベルの歯肉炎は、歯茎の炎症や出血がみられます。 
中期レベルは痛みや腫れがみられ、歯の面積が広くなり歯と歯の間の隙間が広がっているのが確認できます。歯の間に食べカスが挟まりやすくなるなど、自覚症状を感じるようになります。重度の歯槽のう漏レベルは、歯茎からの出血と膿や歯のグラつきや口臭が目安です。ちなみに末期は歯が抜け落ちるレベルなので要注意です!

歯周病は自覚症状なく進行する怖い疾患です。口臭や歯茎に違和感を感じたらすぐに対応することで進行を防ぐことができます。市販や処方されたは応急処置と考えて、歯医者さんでしっかり検査・治療してもらうようにしましょう。