TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

最終的には歯が溶けて抜け落ちる怖い病気「歯周病」とは?

歯周病菌は口臭の原因になるだけでなく、歯の土台が溶けて歯茎が痩せてくる炎症を引き起こします。歯周病は全身疾患に結びつくとの研究結果のほか、虫歯よりも増加傾向にあるとの調査報告もあります。

歯周病は自分でチェックしてみましょう!

まず、寝起きは必ずお口の中がネバネバと不快な状態であれば要注意です。歯茎が赤く腫れて歯ブラシがあたると痛い箇所がある、歯磨きの際に出血や嫌なニオイがあるのも心配ですね。歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが挟まりやすくなった、歯茎が痩せて歯が長くなったような気がする…というのも歯周病の疑いがあるといえます。

歯周病菌の原因や症状レベルは?

歯と歯茎の間になる歯周ポケットと呼ばれる箇所がキレイに掃除されていないと、磨き残しが歯垢となります。歯周ポケットに溜まった歯周病菌が含まれる歯垢によって炎症が起こり、赤く腫れ、中期レベルでは痛みを帯びる場合もあります。さらに歯周ポケットが深くなり、歯を支える歯茎が痩せ、歯を支える土台となる骨が溶けて歯が抜け落ちることもあります。

歯周病は予防や治療で治るのか?

歯周病で大切なのは、予防・診断・治療です。そして定期的なメンテナンスによって歯垢を溜め込まないようにするしかありません。
第一に毎日の歯磨きでキレイにするのが基本です。歯周病で大事なのはまずは日々のプラークコントロール、第二に歯医者さんでの適切な治療です。
そして定期的な検診を受けて歯周病を進行させないことです。炎症を起こした歯茎、土台の骨は一度喪失すると元には戻りません。骨が溶ける前に、初期段階で治療を受けることが大事です。

近年は虫歯よりも歯周病を患う人が増えてきました。同時に歯周治療も進歩しています。昔は絶対に治らない病気とも言われていましたが、現代は進行を抑えながら治療することができるのです。