TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

歯周病の原因と無視できないさまざまな影響

歯周病は、歯垢や歯石が原因となって、歯茎や口の中にさまざまな症状を引き起こします。歯周病になりやすい原因や体に及ぼす影響を知り、年を取っても健康な歯を残せるように予防しましょう。

歯垢が原因菌の「歯周病」とは?

歯周病は、普段の歯磨きだけでは落とせなくなった歯垢や歯石が歯茎に炎症を起こして発生します。歯周病の予防は、毎日の歯磨き+定期的な歯科検診が欠かせません。歯垢とはプラークとも呼ばれ、約70%が細菌で構成された歯に付着している白・淡黄色の“汚れ”です。歯垢となりやすいのは“粘り気のある甘い食べ物”。糖分は細菌の栄養分なので気をつけましょう。

歯周病にかかりやすい原因もいろいろある

喫煙や飲酒などの嗜好品も歯周病原因の一つです。歯並び、不規則な生活、持病、遺伝的な影響などいろいろな要因も加わります。
妊娠女性や閉経前後の女性もホルモンの関係で歯肉炎にが起こりやすいといわれています。また、口呼吸は、口の中を乾きやすくさせるだけでなく、唾液の量も減りますので自浄作用が弱まり、細菌が活発になるので歯周病が進行しやすくなってしまいます。ほかに、歯ぎしりや噛み合わせの悪さも歯周病の症状を悪化させる原因になることがあります。

歯周病が及ぼすいろいろな悪影響

日本臨床歯周病学会によれば、歯周病がさまざまな全身疾患に結びつく影響を指摘しています。歯周病が悪化することによって、細菌が血液や呼吸器官内に入り込むケースがあるからです。心臓・脳血管系疾患、呼吸器系、骨粗しょう症、関節炎、腎炎、糖尿病、妊娠などが関連ありとされ、特に糖尿病は歯周病を進行させる原因の一つといわれています。

日本人の虫歯は少なってきたものの、30代以上の歯周病が深刻です。年を取るごとに歯のトラブルは増えますが、歯を喪失する原因として最も多い理由となっています。歯周病は痛みがないため発見が遅れがちです。歯周病かもと思ったら歯医者さんへ行くようにしましょう。