TOP >  KNOWHOW  > 歯周病はコワい

歯周病が気になる人におすすめの歯磨き粉は?

出血や口臭など歯周病のサインが見られたら、まずは普段使っている歯磨き粉を変えてみるのはいかがでしょうか?毎日の正しい歯磨きにプラス、有効成分入りの歯磨き粉で予防しましょう。

歯周病に効く歯磨き粉に何を求めるか

歯磨き粉に何を求めるか”ですが、歯周病菌に対する改善や予防ができる有効成分が配合されているかどうかがポイントです。効用の説明が明記されているか、類似商品とどう違うのかが分かる商品がいいでしょう。
第一に、正しい歯磨きが大前提です。いくら歯周病を予防・進行を抑える優秀な歯磨き粉でも、きちんと歯垢が落とされなければ効果はありません。歯ブラシをうまく使って歯磨き粉の有効成分が歯肉の隙間に入るようにしてください。次にデンタルフロスや歯間ブラシを使い、歯磨きで効果がない場合は歯医者さんへ行きましょう。

市販の歯磨き粉を選ぶ際のチェックポイント

いろんな作用をもつ歯磨き粉があります。これらを参考にして自分に合った歯磨き粉を選んでみてください。

歯周病菌の殺菌や除去するもの
・フッ素コーティングや歯の再石灰化を促してくれるもの
・抗炎症作用があるもの
・歯茎の引き締めや血行促進してくれるもの
・虫歯の予防してくれるもの
・歯石の蓄積を防いでくれるもの
口臭を防いで、お口の中を清潔に保ちやすいもの など

歯磨き後のうがいは、歯磨き粉の有効成分が洗い流されてしまわないように、2?3回にとどめる方がいいでしょう。

最後は歯をキレイにすることもおすすめ

歯周病予防のケアが終わったら、ポリッシング用歯磨き粉を使った歯科クリーニングで、歯をキレイにすることもおすすめです。
ポリッシングは歯石除去の後などに歯の表面にできた微細な凹凸をきれいにするために、特別な歯磨き粉と専用の機械ブラシを使います。多少の準備が必要ではありますが、健康な歯を維持するにはおすすすめです。

たくさんの種類がある歯磨き粉ですが、それぞれの特徴を踏まえて歯周病に有効な歯磨き粉を選びましょう。歯磨きが楽しくなるように、いろいろな種類を揃えるのもいいかもしれませんね!