TOP >  KNOWHOW  > 口臭対策

生活習慣を見直そう!胃を大切にすることも口臭予防につながる

の調子が悪いと口臭がするような気がしたことありませんか?それは間違いではありません。の健康状態がよくないと口臭がしてきます。それでは、健康なのためにどのようなところを気をつければよいのでしょうか。

にとって負担になっている飲酒

に負担をかけているものを挙げてみましょう。まずはお酒の飲み過ぎ。せめて週に2日程度はお酒を飲まない日を設けると、が休まるのでおすすめです。また、お酒を飲むときに注意したいのは一緒に揚げ物などの脂っこいものを食べること。これはにとって大きな負担になります。肴としてなにを選ぶか、それも健康なのためには大切なことです。

にとって負担になっている食事

に負担をかける料理は、辛いもの、塩分の多いもの、そして脂肪分が多いものです。もっとも良くないのは、この三つの条件をすべて兼ね備えているもの。それは、お酒との味の相性が良いので、お酒を飲むときに食べると相乗効果でにダメージを与えてしまいます。できればに優しい食べ物である、パンやうどん、納豆やじゃがいもなどを積極的に食するようにこころがけましょう。

に大きな負担をかける、ストレス

に負担となるストレス。ひいては口臭の原因ともなってしまいます。大きな不安や心配を抱えていたり、日常的に緊張した状態が続いていたりすると、やがて自律神経のバランスが崩れてきます。すると、の働きが低下し十分に消化機能が効かなくなってしまうのです。また、ストレスにより唾液の分泌も減少します。これも口臭の原因となります。そうならないためには、睡眠時間を長めにとったり、お風呂にゆっくり浸かるなどして精神のバランスを保てるようにしましょう。

口臭は密接な関係にあります。からきた口臭は、炎、潰瘍、十二指腸潰瘍、ピロリ菌または他の大きな病気などが原因となっている可能性もあるので十分気配りしましょう。口臭がして、にも異常を感じる場合はお医者さんへ行くようにして下さい。