TOP >  KNOWHOW  > 口臭対策

口臭の原因って何なの?!唾液?舌苔?歯周病?

毎日歯磨きしているのに何故か臭う・・・。辛いし、恥ずかしいし、誰にも相談できない。そんな厄介な口臭はどんな原因で生じるものなのでしょうか。口臭原因が分かれば対応策も講じやすいですよね。主な原因を取り挙げてみます。

唾液が不足すると口臭原因になる

口内の唾液が不足しがちになると口臭がひどくなってきます。唾液には細菌の増殖を抑える性質があり、口内が不潔にならないように保ってくれているのです。それでは唾液が少なくなる原因は何でしょうか。加齢が理由となる場合もありますが、日々の仕事などでリラックスできない時間が続くと自律神経の働きで唾液分泌が減ってしまうということもあります。

舌の汚れも口臭原因のひとつになる

歯磨きやデンタルフロスをいつも綺麗に丁寧に行っているのに、なぜか口臭が治らないとしたら、その原因は舌にあるかもしれません。舌についている舌苔を除去することで口臭の改善が望めます。使う道具は、歯ブラシではなく舌ブラシ。舌の表面を傷つけないように工夫されているので安心して使えます。舌ブラシは、起床時の1回だけがおすすめです。

口臭原因としては一番多い歯周病

なんといっても口臭原因として一番知られているのは歯周病です。口臭が強くなるので不快感も大きく早めの治療が必要になります。歯周病になると、歯周ポケットの中に汚れや細菌などが溜まり続ける状態になってしまいます。すると、肉の腐ったようなニオイや腐った卵のようなニオイ、または排水溝のようなニオイなどが口臭となってあらわれます。歯周病の治療は歯医者さんに相談するのがおすすめです。

口臭原因はここで挙げてきたものとは別に、病気などの理由も考えられます。自分でケアしても治療効果が出ない場合は、まずは歯医者さんを受診し、それでも改善されない時は口臭外来を訪ねましょう。口臭外来は保険適用外になることが多いのでご注意下さい。