TOP >  KNOWHOW  > 口臭対策

正しい歯磨きで口臭を改善!?押さえておくべき3つのポイント

毎日きちんと丁寧に歯磨きしている。それなのに口臭がきつい。そんな悩みをもっているかた、もしかして歯磨きの方法が間違ってはいませんか?口臭改善に役立つ歯磨きのポイントは3つです。

歯磨きすると良い時間帯はいつごろ?

歯磨きはやればやるほど良いというものではありません。歯磨きの効果を最大限に発揮したいなら、起床直後と就寝前が適切です。起床直後に歯磨きする理由は、起きたばかりの口内は細菌が増えているからです。寝ているあいだは唾液の分泌が少ないため細菌が増大していますので、起床直後の歯磨きは効果的です。また、寝ているあいだに細菌が口内で増殖してしまわないように、就寝前にきちんと汚れ(食べカスや歯垢)を取り除いておくことが大切です。

歯ブラシは小さめサイズが理想的

口臭改善のためのポイント2つめは、小さめの歯ブラシを使うことです。大きい歯ブラシは歯の表面を磨くのには便利ですが、細かい部分にまで毛先が行き届かないため磨き残しが出てしまうのです。口臭の原因となる歯垢は歯と歯のあいだにこそ溜りがち。だから、歯ブラシは小さめを選び、なるべく細かいところにも気を配って歯磨きするように注意しましょう。

デンタルフロスを使って歯間を清潔に

歯磨きで口臭改善したいなら、絶対不可欠なのがデンタルフロスです。口臭の原因となる歯垢は歯と歯の間や、歯と歯茎のあいだにできる歯周ポケットのなかにこそあります。そうした細かい隙間にまで行き届くのがデンタルフロスです。デンタルフロスには、糸タイプとホルダータイプがあります。好みによって使い分けましょう。ホルダータイプは力が入り過ぎることがあるので歯茎を傷つけないよう注意してください。また、歯と歯の間の隙間が広くなっている方は、歯間ブラシも併用しましょう。

口臭改善を目指すなら歯磨きの正しいやり方を把握して効率よく行いましょう。歯磨きやデンタルフロスの正しい使い方がわからない場合は歯医者さんで教えて貰うことをおすすめします。自己流でなく正しい歯磨きで口臭が気にならない毎日を取り戻しましょう。