TOP >  KNOWHOW  > 口臭対策

歯磨きしても口臭が治らない!それなら原因は病気かもしれません

口臭にも種類があるということ、ごぞんじでしょうか。甘酸っぱいニオイ、ツンとくるようなニオイ、そして排水溝のようなニオイなど、さまざまです。「口臭い」といわれた経験があるかた、そんな口臭はもしかしたら、病気が原因かもしれませんよ。

甘酸っぱい口臭は、糖尿病の可能性も

甘酸っぱいニオイ、果物が腐ったときのようなニオイは、アセトン臭が原因となることが多いです。アセトン臭は、体臭や尿のニオイのもととなるもので、このニオイが出たら疑われるのが糖尿病や肝臓の疾患です。糖尿病にあるとインスリンが不足するので、脂肪やタンパク質を分解する量が増加します。このときに生成されるケトン体という物質のなかにアセトンが含まれているのです。甘酸っぱいニオイがしてきたら注意が必要ですね。

魚の腐ったニオイはトリメチルアミン尿症かも!?

もしも、口臭が「魚の腐ったようなニオイ」であれば、トリメチルアミン尿症の疑いがあります。魚の腐ったようなというと表現が曖昧ですが、甘酸っぱくない、ツンとした刺激臭でもないと考えると分かりやすいかもしれません。トリメチルアミンはタンパク質が変化することで発生し、通常は肝臓で分解されます。しかし肝機能が低下すると体内にとどまってしまい、体臭や口臭の原因になってしまいます。肝臓の病気が疑われるので思い当たる場合は病院を受診しましょう。

肉の腐ったようなニオイはガンの疑いも!?

肉の腐ったニオイがしてきたら、まず疑われるのが胃ガン、食道気管シロウなどの消化器系の病気です。他には、肺ガンや咽頭ガンなどの可能性もあります。肉の腐ったニオイはタンパク質の壊疽臭で、ガンなどが原因で病変した細胞がニオイのもととなっています。病状が悪化する前に、できるだけ早く病院で診察を受けましょう。

口臭い」と意識したならまずは歯磨きを丁寧にプラークコントロールを行いましょう。それでも改善がみられない場合は身体の病気が原因ということもあり得ます。ニオイの種類によって原因を推察してみて思い当たるところがあればぜひ受診してみましょう。