TOP >  KNOWHOW  > 口臭対策

口臭、徹底解説!

口臭の原因物質

何らかの体の不調が口臭に現れてくるようで、その原因物質には低級脂肪酸、揮発性窒素化合物、揮発性硫黄化合物があります。すべてガス化する化合物です。具体的な化合物は次のようなものがあります。
<低級脂肪酸>
脂質系の臭いは、ほとんど皮膚や汗から発生。低級脂肪酸 特定悪臭22物質の中で平成元年に指定されたプロピオン酸、n-酪酸、n-吉草酸、イソ吉草酸、をいう。⇒汗の臭い
<揮発性窒素化合物>
アンモニア(腎疾患由来、し尿臭)、トリメチルアミン(トリメチルアミン尿症由来)⇒魚臭
<揮発性硫黄化合物>
特定悪臭22物質のなかにも含まれている硫化水素(H2S、腐った卵臭)とジメチルスルフィド((CH3)2S、磯の香り)やメチルメルカプタン(CH3SH、腐った玉ねぎ臭)

口臭を数値化してみよう!

口臭の原因となる臭い物質は、その存在の有無よりも、閾値を越えるにおい物質の量が問題となり、特に揮発性硫黄化合物(VSC、Volatile sulfur compounds)は低濃度でも臭いを感じることができるため、口臭の原因となります。
<におい物質の嗅覚閾値:人間の嗅覚を刺激する限界の濃度は>

硫化水素:0.00041ppm
メチルメルカプタン:0.000070ppm
ジメチルスルフィド:0.002ppm
アンモニア:1.5ppm
エタノール:0.52ppm
アセトン:42ppm

口臭の原因となる臭い物質は、その存在の有無よりも、閾値を越えるにおい物質の量が問題となり、特に揮発性硫黄化合物(VSC、Volatile sulfur compounds)は低濃度でも臭いを感じることができるため、口臭となります。

口臭歯周病の関係は?

では、口腔内でどのように口臭が作られているのでしょうか。口臭の原因物質の揮発性硫黄化合物(VSC)は口腔内の細菌が体細胞の残骸や食物などに含まれるアミノ酸(システイン、メチオニン)を基質として産生する代謝産物です。VSCを産生する細菌は歯周病原因菌として知られているFusobacterium periodonticum,Porphyromonas gingivalis,Prevotella intermediaなど20 種類以上に存在します。VSCの口腔内での発生部位は舌背後方部に堆積した舌苔が最も多く,全VSC の実に60%が舌背から発生していることが明らかにされています。口臭の原因物質の大半は歯周病菌が産生するVSCと考えられています。要は、細菌が歯周組織を破壊する過程で口臭が発生しているわけです。