TOP >  KNOWHOW  > ハミガキの基本

歯磨き粉といえばフッ素!でも、フッ素について詳しくは知らないアナタへ

フッ素の効果・効能とは?

歯磨き粉でよく「フッ素配合!」という言葉、よく聞きますよね。しかし、フッ素とは「歯の何に良いのか」ご存知ですか?どんな人でもフッ素入りの歯磨き粉を使用した方がいいのでしょうか?歯磨き粉の中で自分に合った歯磨き粉を探すときの参考にしていただければと思います。それではまず、フッ素の効果・効能をご説明します。フッ素の効果・効能は主に次の3つがあります。
①歯のエナメル質の強化…虫歯の酸に溶けにくいエナメル質に変化させます。
②再石灰化で歯を修復…再石灰化という歯の修復作用が虫歯の進行を遅らせます。
③虫歯菌の活動を抑える…虫歯菌の活動を抑制し、虫歯になりにくくさせます。

虫歯になりやすい人にオススメする歯磨き粉の選び方

虫歯になりやすい人、虫歯予防を考えている方に選んで欲しい歯みがき粉のポイントを3つ紹介します。
フッ素の濃度が高い
虫歯予防に必要不可欠なフッ素。日本で販売出来る医薬部外品のフッ素濃度は、1000ppm以下とされています。フッ素の濃度が濃いほど虫歯予防に効果を発揮します。
▼発泡剤が入っていない
ドラッグストアなどで販売されている歯みがき粉には、発泡剤がたくさん入っています。ブラッシングすることによってお口の中が泡であふれてしまいます。また、泡立つことによって歯を磨けたと錯覚して磨き残しが多くなってしまうといったことが多いです。
研磨剤が少ない
研磨剤は、歯の表面についた着色を落としてくれる効果があります。しかし、あまりたくさん入っているとかえって歯の表面に細かい傷をつけてしまい着色しやすい歯になってしまいます。

歯周病が気になる人にオススメする歯みがき粉の選び方

歯周病が気になる方、歯周病を予防したい人に選んで欲しい歯みがき粉のポイントを2つ紹介します。
研磨剤が入っていない
研磨剤とは、歯の表面の着色を落とす為のものなので歯周病などで歯茎が弱ってしまっている方にはあまり必要のない成分です。なので、無研磨のジェルタイプがオススメです。
▼薬用効果のあるもの
歯周病の方は、歯石や歯垢(プラーク)によって歯ぐきが炎症を起こしています。なので、歯ぐきの血行をよくしてくれる成分が含まれているものがオススメです。