TOP >  KNOWHOW  > ハミガキの基本

歯磨き粉に保管方法があるの?

デリケートではないものの、最低限の衛生上の保管は大切

恐らく、大半の方は洗面台に歯ブラシと歯みがき粉を置かれていると思います。いかんせん、水を使う場所なので水滴があちらこちらに散らばります。このような水分があるので、比較的湿気の多い場所です。湿気はカビや細菌の繁殖を助けますので、出来るだけ、湿気のもとになる水滴を拭き取っておくのが良いでしょう。

歯磨き粉には湿気を含みやすい湿潤剤が入っている

実は、歯みがき粉には、湿気を含みやすい「湿潤剤」が配合されている製品がほとんどです。このため、わずかながら湿気を吸収しますので、キャップはしっかり締めましょうしかし、濡れた手でキャップを締めると、スタンディングチューブの周りに水滴が付着し、滴り落ちて、キャップの内側に水分がたまる場合がありますので、注意しましょう。使われた歯ブラシも濡れたままで置かれると、カビ・細菌の繁殖を誘発し、衛生面でよくありません。水気は拭き取っておきましょう。

ご使用上の注意を読んで正しい歯磨き粉の保管を

歯みがき粉にパッケージに書かれているこれに関連する歯みがき粉にパッケージに書かれている「ご使用上の注意」は、
「使用後は必ずキャップをしめ、高温や直射日光を避けて保管してください。」
と書かれていますが、衛生上の注意も必要ですね!