TOP >  KNOWHOW  > ハミガキの基本

本当のところ、歯磨き粉って必要?不要?

歯磨き粉って本当に必要なの?

世の中には、様々な歯磨きに関するアイテムが流通していて、今や選ぶのが難しくなってしまいましたね。歯磨き粉も価格帯もピンきりですし、歯ブラシも様々なタイプがあります。その中でよく聞くのが、歯磨き粉は必要!だったり、歯磨き粉は不要!などの謳い文句。そこで、そもそも歯磨き粉の役割をまとめてみました。

歯磨き粉と歯ブラシでは役割が全然違う?

歯磨き粉も歯ブラシも、プラーク(歯垢)を落とすことには変わりはありません。ですが、その役割は全然違うのです。歯ブラシは、「物理的」に歯垢を落とすことに特化しています。歯面をまさに「掃除」するための道具ですね。一方、歯磨き粉は、「化学的」に歯垢を落とすことに特化しています。研磨剤なども入っていて、物理的に落とすものも多いですが、それ以外に、プラークの原因となる細菌を「殺菌」刷ることは、歯磨き粉ならではの役割です。そのように、歯ブラシと歯磨き粉では、作用の仕方が異なるんですね。

歯磨き粉は必ず必要ではありません。ですが、歯磨き効果を高めます。

歯磨き粉を使用して1週間ブラッシングしたほうが、使用しない場合に比べ、歯垢付着量は確かに減少します。また、歯磨き粉の使用量と歯垢付着量の相関関係を解析したところ、歯磨き粉の使用量が増えれば、歯垢付着量が抑制されることも示されています。これらの結果より、歯磨き粉を使用してブラッシングしたほうが、歯磨剤を使用しないでブラッシングした場合に比べて、歯垢を除去し、再付着を抑制する効果がある可能性が高いとされています。
これらからも、より歯の健康を効率よく保ちたい場合は、歯磨き粉を使用することがオススメですね!