TOP >  KNOWHOW  > ハミガキの基本

そもそも歯磨き粉って、なんで色んな種類があるんだろう?

実は化粧品と医薬部外品、医薬品の歯磨き粉があります。

化粧品の歯磨き粉は物理的な歯ブラシの洗浄効果を高めるために研磨剤や発泡剤等が配合されたものです。これとは別に化粧品の歯磨剤に歯周病の予防やむし歯予防の他のための薬用成分配合ものが医薬部外品の歯磨になります。化粧品の歯磨き粉に加えて、歯周病予防や虫歯進行抑制などの薬効成分が含まれています。医薬品とは、配合成分によって“治す効果がある“と認められたものですが、商品数は非常に少ないんです。

ペーストや液体歯磨き、ジェル歯磨き、粉歯磨きもあります。

歯磨き粉は形状や状態でも沢山の種類がありますね。ペーストは今では最も一般的な練り歯磨き粉です。液体歯磨きはマウスウォッシュや洗口液とも呼ばれます。液体歯磨き粉は、研磨剤が入っていないのですが、一方フッ素の配合は認められていません。粉歯磨きは、昔に使われた形状で缶に入ったモノが多いです。「歯磨き粉」という言葉は、粉歯磨きから生まれたとされています。スモカ歯磨は、昔から粉歯磨きを広め、今も販売しています。最近はジェル状の歯磨きも増えてきました。ブラッシングが必要なタイプが多いですが、口の中に有効成分が残りやすく、正しく使うと効果が長く持続します。

歯磨き粉は実は、用途によって細かく分けられていた!

何気なく購入している歯磨き粉も、この通り、様々な種類があります。効能・効果だけではなく、目的にあった選び方が大切ですね。基本的に、歯磨き粉は薬剤を用いて歯や口中の汚れを落とすためのモノです。化粧品、医薬部外品、医薬品で配合が認められている成分も異なります。その時の目的に合わせて適切なモノを選びましょう。