TOP >  プラークとむし歯

スモカラボ成分解説 むし歯の発生及び進行の予防(ホワイトニングペースト) 編

むし歯とは、歯垢の中に棲む細菌がつくる酸により、歯が溶かされる病気です。歯質強化と殺菌でむし歯の発生と進行を予防します。

むし歯はブラッシングと殺菌で予防する。

むし歯はプラークを形成した細菌が作る酸によって、歯のエナメル質が溶かされることで発生するため殺菌によって予防します。加えて、ブラッシングの効果を高めるために発泡性を抑え、歯にブラッシングが届くような工夫もしています。

歯質強化と殺菌成分で歯を保護しながら殺菌します。

歯の酸に対する耐性を高め溶けにくい歯質に強化するモノフルオロリン酸ナトリウム(フッ化物)を、殺菌には塩酸クロルヘキシジン(CHX)を配合しています。むし歯を防ぐには、歯垢除去や付着防止に、清掃効果のある成分とともに、歯垢をブラッシングにて取り除きます。また細菌の繁殖を抑制する薬効成分や、歯の再石灰化の促進、耐酸性の向上といった働きのあるフッ化物により歯を保護します。