TOP >  プラークとむし歯

プラークコントロールにこだわる!ブラッシング編

プラークコントロールは、オーラルケアの基本であり、むし歯や歯周病、ホワイトニングなど様々な予防、防止には大切な要素です。今回はブラッシングに集中して、具体的にブラッシングのポイントをおさえます。

保存版!ブラッシングの3つのポイントまとめ

適切なプラークコントロールを行うためのブラッシングの3つのポイントです。意外と知らないブラッシングの要点をまとめます。保存版!

  • ①歯ブラシの選び方・持ち方

     歯ブラシってどんな基準で選んでいますか?実は、歯のプロがおすすめする最適な歯ブラシの選び方、持ち方があるんです。歯磨きって思わず、しっかり磨こうとしてしまいますが、これは落とし穴。歯磨き時に一番気をつけることは【歯を傷つけないこと】なんです。歯の表面に傷があると、そこにプラークができやすくなってしまいます。だから、歯ブラシは【やわらかめ】を選びましょう。そして、歯ブラシも【軽く】3本指でも程度で構いません。力が入りすぎないように持つことがポイントです。

  • ②ハミガキコを使いましょう。

     プラークは細菌によるものですから、殺菌剤の入ったハミガキコが有効です。ブラッシングだけでは殺菌力がないので、ハミガキコの使用をおすすめします。この時、泡立ちの強いハミガキコや爽快感の強いハミガキコは、「磨いた気」になって、実は磨けていないなんてことを起こしかねないので、低発泡、低刺激なものが好ましいです。

  • ③小刻みに隅々まで

     ブラッシングをすると、ついついゴシゴシしがち。でもそれでは、歯の表面をケアしきれないところがでてきます。なので、ブラッシングのときは、一つ一つの歯に歯ブラシを当てて、小刻みに、表面を掃くように磨きましょう。歯と歯の間や歯と歯ぐきの間もお忘れなく。そう磨くと、自然に3分は経ってしまいます。

プラークコントロールを行うためのブラッシングにはコツがあります。徐々に慣れていき、習慣化していきましょう。歯を傷つけないように気をつけて!