TOP >  プラークとむし歯

プラークについて正しく知ろう。

プラークってよく聞くけど、実はキチンと知らない。そんな方は多くいらっしゃいます。プラークはオーラルケアで最も重要なケア対象なので、しっかりマスターしましょう。

プラークは、ステインや食べかすとは違います。細菌によって作られます。

プラークとは、歯の表面に付着している、白色または黄白色のネバネバした物質で、歯垢とも呼ばれます。これは細菌によって作られます。細菌は歯に付着しても、唾液によって流されることが多いのですが、唾液の流れが悪い歯と歯の間や歯と歯ぐきの間などに付着するとその場で増殖し、徐々に歯垢(プラーク)を形成します。これらはむし歯や歯周病を引き起こします。
色素が付着する着色汚れを意味するステインや、食べかすとは構造が異なります。

放っておくとどんどん取れにくくなるプラーク

プラークは、そのように細菌によってつくられるため、増殖をしたり、また、唾液に含まれるミネラル分によってプラーク(歯垢)の石灰化が進み「歯石」になってしまいます。歯石になると、固着してしまうので、除去がしにくく、オーラルケアを難しくします。プラークは2~3日で歯石になり始めるので、毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。特に歯と歯の間など磨きにくいところは丁寧にし、プラークの増殖や石灰化を防止しましょう。

プラークは細菌による汚れで、歯垢とも呼ばれます。唾液が流れにくい、隙間に形成して、むしばや歯周病の温床になったり歯石になることもあるため、毎日丁寧なケアが大切です。